湘南藤沢徳洲会病院 看護部 Recruit Site

採用情報 診療看護師

診療看護師(Nurse Practitioner)とは

2014年6月に保健師助産師看護師法が改正され、2015年10月より「特定行為に係わる看護師の研修制度」が開始されました。特定行為研修を終了した看護師は、研修終了区分について、医師の判断を待たずに、手順書(医療現場において医師が作成した、法令で定められた事項を含む包括的指示書)に基づき患者の状態等を判断し、特定行為の実施が可能となる制度です。その中でも、厚生労働省が指定した大学院での研修を修了して認定試験に合格し、全区分の特定行為の実施が可能な看護師を診療看護師と呼称しています。

当院の診療看護師(Nurse Practitioner)田邉さんより

担当業務と、その中での診療看護師としての活動

2年間のローテーション研修を終え、現在はERでWalk inで来院された患者様のみならず救急搬送された患者様の初療に当たっています。

当ERでは小児から高齢者まで全ての年代・診療科の患者様、問診から診断・治療に至るまで一連の思考過程をERスタッフ医師・各診療科の医師らの協力を得ながら行うことが出来ます。

また、診療に当たるだけでなく医師が担当する患者様のケアや検査介助を行ったり、担当看護師と協働して看護業務も行います。患者様の状態を随時アセスメントし、患者様を安全安楽な状態に導けるよう治療や処置内容に関する提案を行うことができるのは診療看護師の強みを最大限に活かした他職種協働・看護の一つの形であると思います。

診療看護師になったきっかけ

これまで10年以上、救急の現場に携わってきました。救急の役割は、早急に患者さんの状態を把握し、状態を安定させ、苦痛を取り除くとともに早期に治療のスタートを切ることです。救急の看護師として、急速に状態や状況に対応し、今できる最良の看護・医療を提供したいという思いがありました。しかし、看護師ではできない処置や判断もあります。そのジレンマを解決できる可能性が開けたのが2015年から施行された「看護師の特定行為」でした。診療看護師は全ての特定行為項目(38項目)の実施が可能となります。患者さんの一番身近にいる存在として看護師に勝る職業はないと思っています。特定行為を道具として看護を深め、患者さんの回復を助け安心を提供できる存在になるために診療看護師という道を選びました。

診療看護師の立場から、日々心掛けていること

「患者さんが良くなれるいちばんの方法は何か」ということをいつも考えています。一口に良くなるといっても、医師は病態的に良くなることを中心に「診て」おり、看護師は病気の状態を踏まえつつ生活の質が良くなることを「看て」います。私はその「診る」と「看る」の間を今よりも密に繋ぎたいと考えています。

取り組んでいきたいこと

診療は医師の業務ですが、診療看護師は診療の一部を代行します。ですが、私は医師ではなく看護師ですので看護師の立場から、積極的に医師の診療のほうにアプローチを投げかけて、治療から戻ってきた返答をよりわかりやすく看護師や患者さんにお伝えするような役割を果たしていきたいです。患者さんを中心として医師と看護師・医療に携わる他職種との連携を今よりもスムーズに行えるように、今、何が必要とされているかを考えながら動いています。

入職を考えている方へのメッセージ

研修施設として各診療科の協力が得られる体勢が整っており、診療看護師1年目として就職を希望される方にとっては有意義な研修期間を過ごせる病院です。
当院は「断らない医療」を成し遂げるため、多忙を極めておりますがその分得られるものも多くあります。看護の可能性を広げる一助となる仕事を皆さんと一緒に取り組めることを楽しみにしています。

末梢留置型中心静脈注射用カテーテル(PICC)の挿入
食事が長期に食べられない患者さんに、中心静脈から高カロリー輸液を点滴するために、腕の静脈からカテーテルを挿入します。このような手技も、診療看護師が実施できる特定行為に含まれています

当院の診療看護師(Nurse Practitioner)八幡さんより

1年次の担当業務と、その中での診療看護師としての活動

1年目はローテーションで患者さんの診察の仕方や治療の仕方について学びました。業務内容は研修医の先生方とほぼ同じことをさせて頂きました。医師と行動を共にしていると、医師と看護師の視点は全く違うということを実感します。医学と看護学では、思考過程が異なっているため重要として収集している情報も異なります。私たち診療看護師は、その中間的存在として医学的な視点から得られた情報や知識を看護サイドへ提供し、看護サイドから得られた情報を医師と共有し、チーム全体が同じ目標に向かって治療していけるよう働きかけています。

採用情報 診療看護師

診療看護師になろうとしたきっかけ

以前は、二次救急を主に受け入れる小規模病院の救急外来に勤務していました。そこは、徳洲会のように24時間365日全ての患者さんを受け入れて、昼夜を問わず最善の治療を目指そうとするアクティブな病院ではなく、夜間は救急車も断ることがあり、必要最低限の治療をするといった印象の病院でした。

担当している患者さんの最善を考えた時、他にも治療の手立てがあることを経験的には分かっているが、自分が必要だと思ったことも医学的な根拠を持って医師とディスカッションすることができず、今の自分の知識と判断力では自分の求めるものは実現できないと感じ進学を決めました。医学的知識を広げ今までは医師でないと行うことができなかった処置や治療的な判断などを診療看護師が行うことで、多忙な医師に比べればよりタイムリーにアクションを起こすことができると考え、診療看護師を選びました。

診療看護師の立場から、日々心掛けていること

診療看護師は特定行為の区分内に限れば研修医と同等の内容を実施可能ですが、研修医が一人増えただけでは医師サイド看護師サイド双方の満足度はそう高くはなりません。私たちの武器は看護師としての臨床経験に医学的な知識が加わったことです。患者さんの状態を説明する際には、身体所見や検査データ、画像など具体的にわかりやすく説明するよう心掛けています。そして、私たちはベースが看護師なので、看護師やコメディカルの方々が声をかけやすい存在でいられるよう心掛けています。患者さんに関わる多職種がそれぞれの視点で収集した情報を医師と共に整理し治療に反映できるよう日々心掛けています。

取り組んでいきたいこと

診療看護師の1期生として、後輩が後に続けるように、診療看護師の可能性を広げていきたいと考えています。看護師の資格には専門看護師、認定看護師、診療看護師とさまざまな道ができました。患者さんの最も身近な存在である看護師の、知識や判断力が向上すれば医療の質の向上につながると考えているため、後輩の育成にも力を入れていきたいです。

入職を考えている方へメッセージ

研修医と同等に研修ができる病院でいろいろと勉強になります。当院でも2名しかいないため、まだまだ知名度が低いですが、診療看護師として私たちが治療に携わることが今後増えてくると思います。ぜひ、一緒に頑張りましょう。

採用情報 診療看護師医師と同行して病棟を回診し、患者さんの処置を行ないます。

募集要項

募集内容

職種 NP(診療看護師)
資格 診療看護師として認定された方
勤務条件 診療科により異なります

試験日

採用状況によって柔軟にご案内しております。まずはお問い合わせください。

選考内容

書類選考・面接を実施します。

問合せ先

看護対策室  直通フリーダイヤル:0120-941-540 / 病院代表 0466-35-1177

採用関連のお問い合わせ

[TEL]看護師採用相談窓口(看護対策室):0120-941-540 [フリーダイヤル]
[E-mail]info@shounan-nurse.jp (看護対策室)
[住所]〒251-0041 神奈川県藤沢市辻堂神台1-5-1
[URL]http://www.shounan-nurse.jp/

『まずはどんな病院かを見てみたい』という方には病院見学会を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ・資料請求はこちら




ページの先頭へ